廃プラスチック類関連情報等

活動内容

現在、世界全体で年間数百万トンを超える廃プラスチック類が海洋に流出していると推計され、実際に海洋生物や南の島に暮らす人々の生活に悪影響を及ぼすなど、地球規模での環境汚染が問題となっています。
私たちの建設現場からも大量の廃プラスチック類が排出されています。
特に建設系の廃プラスチック類はほこりやペンキが付着し、汚れているためにリサイクルに回せないとの指摘も聞かれます。
こうした中、建設業界としては、

  • 建設現場や処分場での不十分な管理により、陸上から海洋への建設廃棄物の流出が起こりうること
  • 建設現場から排出される廃プラスチック類についても、適切に分別することで製品や燃料へのリサイクルが可能となること

を改めて認識する必要があると考え、このたび、建設六団体副産物対策協議会と建設マニフェスト販売センターは、海洋プラスチック問題や廃プラスチック類のリサイクルの意識向上を図るため、ポスターを作成しました。

廃プラスチックポスター

「廃プラスチック類の適正処理等に関するポスター」 申込は締め切りました。

PDFファイルはこちらからダウンロードしてください。

啓発版  A3 A4

分別版  A3 A4

※JPEG(画像)については、恐れ入りますが、メールにてお問い合わせください。
日建連環境部 amakawa@nikkenren.or.jp

このページのTOPへ

  • 週休2日
  • 建設キャリアアップシステムの普及・推進
  • 生産性向上
  • けんせつ小町
  • 日建連表彰
  • Work Style Lab
  • 会員企業
  • 日建連10周年
  • 広報誌「ACe建設業界」
  • 建設業ハンドブック2012
  • 施工計画書ひな形集
  • 市民現場見学会