建設市場の現状

2. 建築需要の動向

建築着工床面積の推移

建築着工床面積は、2000年代前半は150百万㎡を超える水準であったが、2007年度の改正建築基準法施行、2009年度のリーマンショックによる景気後退などにより大きく減少した。
2014年度以降は130百万㎡台の水準が続いていたが、2021年度は全建築物で122百万㎡となっている。

2022年9月更新

新設住宅着工戸数の推移

住宅着工戸数は、2009年度の70万戸台を底に増加に転じ、2013年度には98.7万戸まで回復した。近年は80~90万戸台で推移しており、2021年度は86.6万戸と3年ぶりに増加した。

2022年9月更新