建築ITセミナー

2018(平成30)年度 建築のITセミナー

 2018(平成30)年度は「IT活用による建築生産の変革!!」と題して、2019(平成31)年3月1日(金)に約290名が参加し、東京証券会館ホールにて開催いたしました。

14:00 ~14:05
  • 開会挨拶
  • 日建連 IT推進部会 戸倉 部会長

【I.基調講演】

14:05~15:05
  • 「VR2.0の世界」
  • 東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授
    東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター・センター長
    廣瀬 通孝 氏

【II.各専門部会からの活動報告】

15:05~15:35
  • 「施工BIM実践の最新動向」
  • ・BIM展開検討WG
    『施工BIMのすすめ』を発刊して1年が経過しました。発刊後の当ワーキングの活動を報告するとともに、2018年10月~11月に実施したアンケート分析を通して、日建連会員各社の《施工BIM導入・展開》の現状を報告します。
  • ・専門工事会社BIM連携WG
    今期新たに活動を開始したBIM施工計画SWGで得られた知見と、施工BIMの運用などに関するFAQを紹介します。
  • 日建連 BIM専門部会 吉村 委員(BIM展開検討WGリーダー)
  • 日建連 BIM専門部会 曽根 副主査(専門工事会社BIM連携WGリーダー)
15:50~16:15
  • 「情報セキュリティリスクの軽減に向けて」
  • 建築生産の変革に向け、安心してITを活用するための情報セキュリティ対策は、必須の取組です。サイバー月間にあたり、「ガイドラインの改定」等の活動成果を報告します。
  • 日建連 情報セキュリティ専門部会 高馬 主査
16:15~17:00
  • 「建設現場における先端ICT活用の最新動向」
  • 昨年度と同様、各社が取り組んでいる「先端ICT」の適用例について各ベンダーに参画いただき調査・検討してきました。これまで継続してきた建設現場で利用できるICTサービスの最新動向とともにデモを交えて紹介します。また今年度はスマートデバイスの活用を含めた作業所における便利ツール、および先端ICTツールの利用実態についてアンケートを実施しましたので、合わせてその結果を報告します。
  • 日建連 先端ICT活用専門部会 堀内 主査

パンフレットの展示

マクニカネットワークス、セーフィー、グローバルセキュリティエキスパート、兼松エレクトロニクス、YSLソリューション、リーセントテクノロジー、オートデスク、グラフィソフトジャパン、大塚商会、富士フイルム、福井コンピュータアーキテクト、TACK&Co.(建設現場支援センター)、Enhanlabo、エム・ソフト


セミナー風景