刊行物・資料

刊行物詳細

設備機器耐震基準把握の実態調査

刊行物イメージ

設備専門部会において、東日本大震災の設備機器に関する被害状況を調査した結果、建物の被害が軽微であったにも関わらず、設備機器内部の損傷による出水被害、機能停止、停電などの2次被害が発生していることが分かりました。

つまり、躯体、基礎、固定金物、アンカーボルト等の損傷が無いにも関わらず、設備機器本体ないし内部が損傷する事例がありました。

そのため、実際に被害のあった設備機器と、被害はないが建物インフラとして重要な機器とを合わせた21機器について、機器そのものの耐震基準等について代表的な機器メーカー57社に調査を行いました。

出版物No. 0047
発行年月 2012年04月
委員会名 生産委員会 設備部会 設備専門部会
頁数 50 ページ
担当部署 建築部
03-3551-1118
ファイルダウンロード 設備機器耐震基準把握の実態調査
  • 週休2日
  • 建設キャリアアップシステムの普及・推進
  • 生産性向上
  • けんせつ小町
  • 日建連表彰
  • Work Style Lab
  • 会員企業
  • 発注者との意見交換会
  • 広報誌「ACe建設業界」
  • 建設業ハンドブック2021
  • 施工計画書ひな形集
  • 市民現場見学会