刊行物詳細

汚染土壌の取扱いについて

刊行物イメージ

建設工事においては、土砂の掘削・搬出や掘削区域の排水などが一般的に行われます。しかし、有害物質に汚染された土地では、このような通常の工事を行うだけでも、汚染の拡散に繋がる恐れがあります。
建設業者は、汚染土壌を取り扱う上で最低限必要な法規制等の知識を備え、発注者や都道府県等の関係部局と十分な協議のもとに、土壌・地下水汚染の拡散の防止などに努める必要があります。
この度、改正土壌汚染対策法(平成31(2019)年4 月1日)を反映したパンフレットを発行しましたので、本パンフレットを参考として活用していただければ幸いです。

出版物No. 333
発行年月 2020年09月
委員会名 環境委員会 
頁数 A4判23 ページ
金額その他 無料
ファイルダウンロード 汚染土壌の取扱いについて
申込書 申し込みフォームへ
  • 週休2日
  • 建設キャリアアップシステムの普及・推進
  • 生産性向上
  • けんせつ小町
  • 日建連表彰
  • Work Style Lab
  • 会員企業
  • 建築技術者の人材確保・育成
  • 広報誌「ACe建設業界」
  • 建設業ハンドブック2012
  • 施工計画書ひな形集
  • 市民現場見学会