刊行物詳細

既存地下工作物の取扱いに関するガイドライン

刊行物イメージ

既存建物の解体撤去を伴う建築工事では、既存の杭・地下躯体・山留め壁等の取扱いが議論になることがあります。これは、廃棄物に該当するか否か、撤去すべきか存置した方が良いか等の判断の目安が明確になっておらず、また、行政の指導も、地域ごと・案件ごとに異なっていることによります。
このガイドラインは、このような場合の判断の目安をまとめたもので、行政・発注者・土地所有者・設計者・監理者・施工者が共通認識を持つことを目的としています。

出版物No. 321
発行年月 2020年02月
委員会名 建築技術開発委員会/地盤基礎専門部会、建築生産委員会/施工部会、環境委員会/建築副産物部会 
頁数 54 ページ
ファイルダウンロード 既存地下工作物の取扱いに関するガイドライン
同 リーフレット
  • 週休2日
  • 建設キャリアアップシステムの普及・推進
  • 生産性向上
  • けんせつ小町
  • 日建連表彰
  • Work Style Lab
  • 会員企業
  • 日建連10周年
  • 広報誌「ACe建設業界」
  • 建設業ハンドブック2012
  • 施工計画書ひな形集
  • 市民現場見学会