刊行物・資料

刊行物詳細

建築屋さんのための概算見積手法の解説

刊行物イメージ

 日本建設業連合会関西支部では、事業の企画設計や基本計画時点など初期段階における見積手法の資料として、「建築屋さんのための概算見積手法の解説」を作成しました。

 建物の建設コストは、事業構想から実施設計まで各段階で算出されますが、特に初期の段階では、提示された資料不足や見積手法が確立されていないことなどにより、算出されたコストが適正であるかを判断することが困難な場合もあります。本書では、提示された資料と見積手法の関係性、各工事費目別に概算での見積手法と注意点について分かりやすく解説しています。

 以下よりダウンロードが可能ですので、若手・中堅の見積担当者や工事担当者の教育資料として、また発注者や設計者、施工会社の営業・現場担当者の方々の概算見積についての理解促進を図るための参考資料として、幅広くご活用いただければ幸いです。

出版物No. 0249
発行年月 2016年12月
委員会名 関西支部建築委員会 建築積算部会
頁数 70 ページ
担当部署 関西支部
06-6941-3658
ファイルダウンロード 建築屋さんのための概算見積手法の解説
  • 週休2日
  • 建設キャリアアップシステムの普及・推進
  • 生産性向上
  • けんせつ小町
  • 日建連表彰
  • Work Style Lab
  • 会員企業
  • 発注者との意見交換会
  • 広報誌「ACe建設業界」
  • 建設業ハンドブック2021
  • 施工計画書ひな形集
  • 市民現場見学会