受賞案件2020(第1回)

八ッ場ダム本体建設工事

外観イメージ

高品質を確保しつつ大幅な工程短縮を実現

巡行RCD工法の採用やプレキャストコンクリートの積極活用など、数々の施工プロセスの改善により大幅な工程短縮と高い品質確保を実現した。今後のダム建設に大いに参考となるとともに、令和元年に発生した台風19号では、試験湛水中にありながらも、洪水貯留に対して問題なくその機能を発揮し、ダムによる治水効果を広く示した。

工種
ダム(新設)
所在地
群馬県吾妻郡長野原町
応募者
清水建設
発注者
関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所
設計者
日本工営
施工者
清水・鉄建・IHI JV
関係者
大阪砕石エンジニアリング、石井組、エスシー・マシーナリ、セイア、南星機械、睦商事、白岩工業、東京索道、日特建設、日本基礎技術、水谷建設、山﨑建設、大和工機、神戸鉄工建設
着工年月
2014年8月
竣工年月
2020年3月