受賞案件2020(第1回)

国道45号夏井高架橋工事におけるi-Bridgeの取組み

外観イメージ

橋梁工事における生産性向上「i-Bridge」を実施

橋長497mのPC7径間連続ラーメン箱桁橋。いち早く「i-Bridge」を導入し、拡張現実(AR)や全球測位衛星システム等を用いて、測量や検査などにおける省人化を推進。ICTによって出来形・品質管理のみならず、省力化・安全性の向上などに成果を上げ、施工プロセスの改善と土木技術の発展に寄与した。

工種
橋梁
所在地
岩手県久慈市
応募者
三井住友建設
発注者
東北地方整備局三陸国道事務所
設計者
復建技術コンサルタント
施工者
三井住友・安部日鋼・日本ピーエス特定建設工事JV
着工年月
2016年4月
竣工年月
2018年9月