ニュース一覧

2011.05.23

災害防止対策特別活動の実施について

 建設業における労働災害の発生状況は、関係者のご努力によって長期間にわたり着実な減少傾向を継続しており、平成22年の死亡者数は前年比6名減の365名となりました。

 一方、会員会社における死亡者数の発生状況をみますと、平成22年は前年比3%減の35人で、これを10年前の平成12年の99人と比べますと、その間の減少率は65%にものぼり、全建設業および全産業と比べても顕著な減少率になっております。これも会員各社の安全管理についてのご努力の結果であると考えております。

 日建連では更なる労働災害の減少を目指し、本年も6月を平成22年度「災害防止対策特別活動」月間と定め、会員会社の全国の作業所等を対象として災害防止活動を実施することといたしました。

 会員各位におかれましては、このような趣旨をご理解いただき、下記活動実施要領に基づき労働災害ならびに公衆災害の防止に向け、積極的に本活動を推進して下さいますようお願い申し上げます。

ニュース一覧

■このカテゴリのアーカイブ

  • 週休2日
  • 建設キャリアアップシステムの普及・推進
  • 生産性向上
  • けんせつ小町
  • 広報誌「ACe建設業界」
  • 建設業ハンドブック2012
  • 施工計画書ひな形集
  • BCS賞
  • 会員企業
  • 建築技術者の人材確保・育成
  • 市民現場見学会
  • 13歳のハローワーク