年度別検索結果

受賞作品検索

◎3つの方法で検索できます

  • 地図検索はこちら
  • 年度別検索:
  • キーワード検索:
第60回受賞作品(2019年)

「第60回BCS賞」受賞作品決まる -「ナセBA(市立米沢図書館・よねざわ市民ギャラリー)」(山形県米沢市)を含む15件-


 一般社団法人日本建設業連合会(会長:山内隆司 大成建設会長)は、全国各地からの応募作品79件のなかから、大学等において建築に関する学科を担当(研究を含む)する教授又は教授相当の方、設計事務所において設計業務を担当する役員、建設会社において設計、施工等を担当する役員、合計12名で構成する第60回BCS賞選考委員会の厳正な選考を経て、7月22日、「第60回BCS賞」受賞作品として15件の作品を決定いたしました。
 今回の15作品を加え、60回までの受賞作品総数は、958件(うち特別賞71件)となります。

 今回の受賞作品は、
・ナセBA(市立米沢図書館・よねざわ市民ギャラリー)
  「本の広場」と「まちに繋がる広場」*
・フェスティバルシティ(中之島フェスティバルタワー(東地区)、
 中之島フェスティバルタワー・ウエスト(西地区))
  水都・大阪の新たなランドマーク*
・沖縄科学技術大学院大学 PHASE1
  森に浮かぶ比類なき知の要塞*
・新発田市新庁舎
  高校生が集う開放型市庁舎*

など、複合施設、学校施設、官公庁等施設、商業施設等の多彩な用途の作品が選ばれています。
 近年の受賞作品は、時代の要請を反映し、益々多種多様となってきております。今回の受賞作品もこの例に違わず、建物用途やプロジェクトとしての体制の多様化の傾向が見て取れます。
 個々の受賞作品はいずれも、デザインや機能が優れていることはもちろん、周辺環境や街並みへの配慮、地域との融合、新しい試みへのチャレンジなどの点で、BCS賞の趣旨に沿った素晴らしい建築作品です。地域に育まれたそれぞれの特性に寄り添う建物が数多く受賞されており、建築文化の高まりを感じさせる意欲的な作品が揃っております。本賞の目的である「わが国の良好な建築資産の創出を図り、文化の進展と地球環境保全に寄与する」との主旨が具現化したものと受け止めております。
 受賞作品については、和・英文併記の「第60回BCS賞作品集」を編纂し、国内はもとより各国の在日大使館にも配布し、わが国の代表的建築作品として広く紹介することとしております。
 表彰式は、本年11月15日(金)、東京・内幸町の帝国ホテルで行う予定です。


*建物の特長を表現したキャッチフレーズ