年度別検索結果

受賞作品検索

◎3つの方法で検索できます

  • 地図検索はこちら
  • 年度別検索:
  • キーワード検索:
第47回受賞作品(2006年)

「第47回BCS賞(建築業協会賞)」受賞作品決まる―「鶴岡アートフォーラム」ほか15件―


 社団法人 建築業協会(BCS/会長:野村哲也 清水建設社長)は本日(7月20日)、「第47回BCS賞(建築業協会賞)」受賞作品を別紙のとおり決定しました。  今回は、全国各地からの応募作品85件のなかから、「第47回建築業協会賞選考委員会」の厳正な審査の結果、次の16件(うち 特別賞2件)の作品が選ばれました。  市民とともに手間を惜しまず事業企画から計画・設計に長い時間をかけて丁寧につくりあげ、周辺の環境と対峙しつつもほど良い調和を見せている「鶴岡アートフォーラム」のほか、 ・間口が狭く奥行きの深い敷地に、主ホールの舞台と客席の配置を逆転させるアイデアによって基本計画の課題を成立させた「まつもと市民芸術館」 ・今後のキャンパスづくりの起点となるべく、さまざまな出会いや対話を誘発するスペースを軸に、開放的で自由度の高い空間を実現した「慶應義塾大学南館(三田)」 ・建築主が集めた世界中の絵本を子どもたちが手に取り、自由に好きな場所で楽しみながら読むことができるなど“絵本を通じて子供の想像力を育てる”という理念がそのまま空間化されている「絵本美術館」 など、美術館、劇場、学校、複合商業施設、事務所等の多彩な用途の作品が選ばれています。  いずれも、デザインや機能が優れていることはもちろん、周辺環境や街並みへの配慮、地域との融合、新しい試みへのチャレンジなどの点で、BCS賞の趣旨に沿った素晴らしい建築作品です。  特別賞には、わが国の伝統的な建築技術の粋を集めた「京都迎賓館」、複数の建築家のコラボレーションにより、個性的でありながらもまとまりのある住宅群を実現したことが評価された「東雲キャナルコート中央ゾーン」の2件の作品が選ばれております。  受賞作品については、和・英文併記の「第47回建築業協会賞作品集」を編纂し、国内はもとより国連加盟各国にも配布し、わが国の代表的建築作品として広く紹介することとしております。  表彰式は、本年11月21日(火)、東京・皇居前のパレスホテルで行う予定です。