年度別検索結果

受賞作品検索

◎3つの方法で検索できます

  • 地図検索はこちら
  • 年度別検索:
  • キーワード検索:
第46回受賞作品(2005年)

「第46回BCS賞(建築業協会賞)」受賞作品決まる―広島市環境局中工場ほか15件―


 社団法人 建築業協会(BCS/会長:野村哲也 清水建設社長)は本日(7月21日)、「第46回BCS賞(建築業協会賞)」受賞作品を別紙のとおり決定しました。 今回は、全国各地からの応募作品70件のなかから、「第46回建築業協会賞選考委員会」の厳正な審査の結果、16件(うち 特別賞2件)の作品が選ばれました。  今回は、21世紀に相応しい清掃工場として、ごみ処理のメカニズム全体をガラスで囲って、匂いの問題を解決しながら市民に公開するという斬新なアイディアと施工技術が高く評価された「広島市環境局中工場」のほか、 ・古い意匠に敬意をはらいつつ、新築部分には独自の個性を与え、建築物の保存再生の可能性を広げた「横浜税関本関」 ・「秩父夜祭」のハイライトとなる夜祭広場に面した歴史的環境を活かした計画と、屋上緑化をはじめとする環境への配慮などが評価された「秩父市歴史文化伝承館」 ・両サイドコアと4隅のバットレスにより、超高層ビルのなかにフレキシブルな大空間を確保し、放送局の高層化を実現した「日本テレビタワー」 など、オフィスを中心とした複合施設、美術館、物販店舗、幼稚園、病院など多彩な用途の作品が選ばれております。 いずれも、デザインや機能が優れていることはもちろん、周辺環境や街並みへの配慮、地域との融合、新しい試みへのチャレンジなどの点で、BCS賞の趣旨に沿った素晴らしい建築作品です。 特別賞には、1971年・第12回受賞作品である「東京国立近代美術館」を、皇居を望む景観を保全しながら先端技術を駆使して耐震補強した「東京国立近代美術館増改築」、阪神・淡路大震災からの復興のシンボル的プロジェクトのひとつである「兵庫県立美術館・なぎさ公園」の2件の作品が選ばれております。 受賞作品については、和・英文併記の「第46回建築業協会賞作品集」を編纂し、国内はもとより国連加盟各国にも配布し、わが国の代表的建築作品として広く紹介することとしております。 表彰式は、本年11月18日(金)、東京・皇居前のパレスホテルで行う予定です。