土工協CALS/EC部会トップへ

図面管理システムの基本仕様公開

図面情報標準化WG
2003.6.18

 1 背景及び目的
図面情報標準化WGでは、施工現場における図面の電子納品を支援する目的で「CAD図面取り扱いガイドブック」を公開しています。 ガイドブックを作成する中で、図面の電子納品を支援するツールとして、何らかの図面管理システムが必要であるとの認識を持ちました。

 そこで、図面管理システムに求められる基本的な機能を仕様書の形で取り纏め、公開し、広くITベンダ(特に、電子納品、CAD、図面管理システムなどを専門とするベンダ)に提案することにしました。

 図面管理システムは、施工中のCAD製図基準(案)に準拠した図面の取扱いを簡便にし、電子納品時に必要なチェックや作成作業を自動化し、受注者の負担を軽減するためのツールです。



 2 図面管理システムの利用対象
CAD製図基準(案)に則って、CAD図面の受領から納品までを行う作業所



 3 基本仕様

動作環境
 共有サーバに保管した電子図面を、複数のクライアント側から操作できること、アクセス方式はWEB、C/Sのいづれでも可。

仕様概要
(1)機能仕様-01:共通、各操作画面での共通な事項

(2)機能仕様-02:図面管理ファイル、CAD製図基準(案)で規定する図面管理ファイルの作成と編集等

(3)機能仕様-03:電子納品ファイル、CAD製図基準(案)で規定する電子納品ファイルの作成と編集等

(4)機能仕様-04:図面内容確認、P21形式のCAD図面ファイルの内容確認

(5)機能仕様-05:図面情報取得、P21形式のCAD図面ファイル内の各種情報取得


 4 利用にあたって
・仕様書を参考に対応ソフトウェアを開発することは自由です。
・仕様書を雑誌等に転載する場合、出展先を「日本土木工業協会CALS/EC部会図面情報標準化WG作成」と明示してください。


 5 ダウンロード
 図面管理システム基本仕様   pdf 53kb


土工協CALS/EC部会トップへ