社会資本整備が果たす役割

社会資本整備が果たす役割とともに、防災減災対策と老朽化対策の必要性を、会員内外に幅広く共通認識の醸成を図る。

・切迫する巨大地震や気候変動の影響により頻発・激甚化している気象災害から国民の生命・財産を守るため、国土強靭化に向けた防災・減災、インフラの老朽化対策の重要性

・国民の安全・安心に寄与するストック効果の高い資本社会を、中長期的な視点に立って戦略的に整備することが重要。

社会資本整備の重要性に関するシンポジウム

セミナー資料

社会資本整備の重要性に関するシンポジウム

建設業に携わる全ての人々にエールを~エッセンシャル・ワーカーPRポスター制作~

エッセンシャル・ワーカーPRポスター(PDFデータ)

エッセンシャル・ワーカーPRポスター(PDFデータ高解像度)

エッセンシャル・ワーカーPRポスター(AIデータ)

2020年度の「公共工事の諸課題に関する意見交換会」では、従来の枠組みを超えた建設業の「未来」について、広範な議論が展開されました。(『ACe 建設業界』9月号 特別座談会) 
意見交換会では、国民の安心・安全を守り、わが国の経済活動を下支えする建設業に携わる人々が、社会資本整備や災害復旧など、ニッポンのものづくりに日々邁進する姿を、業界内外に発信することの必要性が取り上げられました。
また、ウィズコロナ、ポストコロナ時代のインフラ整備のあり方も議論されました。これに関しては、公益社団法人土木学会も、日常生活を支える欠かせない存在(エッセンシャル・ワーカー)としての自負と誇りを建設業に携わる人々が堅持しつつ、市民及び現場で働く人の命、心身の健康を守ることを前提に事業継続できる体制整備が必要、との声明を7月に発表しました。
日建連では、これらの議論の成果を広くPR するためのポスターを制作しました。まずは、現場で働く方々とそのご家族にご理解いただけるよう、会員会社の事務所・作業所に掲示するとともに、協力会社・関係先へ配布するなど、幅広く展開していきます。

社会インフラ整備が現に果たしている役割・効果

セミナー資料

「社会資本整備が果たす役割」講演会

防災・減災、国土強靭化を実現する

高速道路、空港、港湾、鉄道などの交通インフラ整備の社会効果

インフラ整備の重要性について(衆議院 予算委員会公聴会 発言:大石久和 一般社団法人全日本建設技術協会会長)※衆議院ホームページより